HOME 新着商品一覧 料金表 よくある質問 個人情報取り扱い

「緊縛虐待凌辱2」 麻美

「緊縛虐待凌辱2」 麻美
入荷日 :20190708
メーカー:ミラクル
レーベル:
収録時間:57分
年齢:
女優名 :麻美  (あさみ)
通常価格(税込):
250
20% OFF!!
販売価格(税込):
200
数量:
「トラウマと被虐願望のパラドックス」
「前回(「緊縛虐待凌辱 2」)は調教して頂いて、ありがとうございました。
おかげさまでずっと悩まされていた※閉所恐怖症も克服できました。」

 ※麻美さんの家には昔ながらの厳しい家訓があり、幼少の頃に父から受けた体罰によって閉所恐怖症になってしまった。
  詳しくは、前作「緊縛虐待凌辱2」を参照の事。

「前回、調教を受けた時は、その…すごく、感じてしまって…、
それで、あの…沢山濡らしてしまって…本当にご迷惑をおかけしました。」

今では彼氏ができたらしく、それを嬉々として語るの彼女なのだが、
まだ若い彼氏である為、流石にSMプレイまではされた事はないのだそうだ。

それを聞いて、ちょっとした嫉妬心と悪戯心が芽生えてしまった。
我々は、彼女に睡眠薬を飲ませ、物置部屋に連れ込んだのだ。

彼女の肉欲を試そうというのだ。
彼氏への気持ちを採るのか、緊縛への慕情を採るのか?
M女としての試金石というわけだ。

天井から吊るされた彼女は、口から出てくる唾液を止められない。
さらに身体に鞭が打たれる度、それに比例して唾液が流れ出てくる。身体が敏感に反応しているようだ。
抵抗をしてはみせるが、さながら「イヤよイヤよも好きのウチ」といったところである。
結局M女としての資質が勝ってしまった結果と言えるだろう。

今理不尽にも監禁されてしまっている自分に興奮してしまっているのだ。

彼女の興奮を確かめるように椅子にM字開脚に縛り、鼻フックと革の猿轡を装着。
バイブを深く激しく差し込んでやる。
すると彼女は、愛液をたっぷりと溢れ出させ、身体を激しく震わせながら再び絶頂に至る。
穿いていた紺のショーツは、唾液と愛液でびしょ濡れになっている。

そして開口マスクをあてがわれての、強制フェラと口内射精。 
初めて味わう生温かい精液の味が口に広がり、思わず涙してしまう。
最後は絨毯の上に寝かせての蝋燭責め。
猿轡をあてがわれた口から、「熱い」という言葉と悶絶の叫びが嵐のように聞こえてきた。 
その熱さもいつの間にか快楽となり、痙攣を起こしながら麻美は失神してしまうのだった…。

買い物カゴを見る

合計数量:0

商品金額:0円

値引金額:0

  • 検索で探す

    商品名・キーワードを入力

    最新作入荷別